手芸/毛糸用品通販ワカバ手芸店/ハマナカ手芸手あみ糸/ダイヤモンド毛糸/リッチモア/クロバー/小学生手芸/ゴム編み/手編み/編み物/クロスステッチ

ワカバ手芸店

ワカバのおすすめ商品

 

 

ワカバ手芸店Facebookはコチラ
Facebook

 

携帯ページ

スマホアプリ始めました。

ゲージをあむ

ゲージを編む

30目 15cmの基礎編みをして10cmの目数ゲージを計算します。
模様を入れるときは、模様編みとメリヤス編みの両方のゲージを取ることをおすすめします。
模様編みの時は一模様が何目何㎝になるかを記録するとよいです。

例10㎝=20目ならば 身幅50㎝の時 20×5=100目となります。
例一模様=22目=8㎝ 身幅50㎝にしたいときは
  50÷8=6.25 22×6.25=137.5目
 ★小数点以下は模様によって身幅の目数は変わりますので
  微調整してください。
 ★見頃の中心から左右対象に模様が来るようにしましょう。

一目ゴム編みの作り目

後ろ身頃からです。
目数は 奇数になりますので テキストなどと違っているとき1目くらい減らしてもかまいません。

目数の計算の仕方
(ゴム編み全体の目数奇数+1)÷2=別糸で作る目数
別糸で始めます。
(編み出し用の糸を使うと後にほどくとき 容易にほどけます)

下の写真は 別糸で目を作る方法です。

一目ゴム編みの作り目

一目ゴム編みの作り目

メリヤス3段(表編み1段、裏編み1段、表編み1段)は、身頃の針で、4段目からは 2~4号下げた針で 編みます。
(編み始めの糸は 50cmくらい余らせておきます。脇を閉じる時に使います)
         
裏編み1目編む
針にある1目めと2目めの間の別糸にかかっている 地糸を上から右の針で引き上げ、左の針に移し(このとき目が、ねじれないように気をつける)これを表目に編む。      
(ある本では1目めの下の糸を引き上げるようになっていますが、脇を閉じると見えなくなるので 省略してもかまいません。ほどける心配はないので安心して下さい。)

次々に続けます。
この段の終わりはオモテ目(引き上げた目)ウラ目の順になる。
ここで ゴム編み2段編んだことになる。
次の段からは 普通に ゴム編みを好みの段だけ編む。
両端がウラ目の側を オモテ地に決める

一目ゴム編みの作り目

一目ゴム編みの作り目

一目ゴム編みの作り目

一目ゴム編みの作り目

一目ゴム編みの作り目

17 両端の目が裏目になっているほうを 表地に決める 16の写真が表側です
18 あとは いつも通り 好みの段 ゴム編みを編みます

ゴム編みの作り目に欠かせないのが
クロバーの編み出し糸です。→こちらからどうぞ