手芸/毛糸用品通販ワカバ手芸店/ハマナカ手芸手あみ糸/ダイヤモンド毛糸/リッチモア/クロバー/小学生手芸/ゴム編み/手編み/編み物/クロスステッチ

ワカバ手芸店

ワカバのおすすめ商品

 

 

ワカバ手芸店Facebookはコチラ
Facebook

 

携帯ページ

スマホアプリ始めました。

一目ゴム編みの作り目

ゲージを編み 目数を取る
30目 15cmの 基礎編みをして、目数のゲージだけを 計算します。
        【例20目】
作り目  一目ゴムの作り目
後ろ身頃からです
目数は 奇数になりますので  
テキストなどと違っているとき1目くらい減らしてもかまいません。

目数の計算の仕方
(ゴム編み全体の目数奇数+1)÷2=別糸で作る目数

別糸で始めます。(編み出し用の糸を使うと後にほどくとき 容易にほどけます)
下の写真は 別糸で目を作る方法です。

メリヤス3段(表編み1段、裏編み1段、表編み1段)は、身頃の針
   4段目からは 2~4号下げた針で 編みます。
  (編み始めの糸は 50cmくらい余らせておきます。
  脇を閉じるときにつかいます)

裏編み1目編む
針にある1目めと2目めの間の別糸にかかっている 地糸を上から右の針で
引き上げ、左の針に移し 
(このとき目が、ねじれない ように気をつける)
これを 表目に 編む       
(ある本では 1目めの下の糸を引き上げるようになっていますが 
 脇を閉じると 見えなくなるので 省略してもかまいません。
 ほどける心配はないので安心して下さい。)

次々に続けます。
この段の終わりはオモテ目(引き上げた目)ウラ目の順になる。
ここで ゴム編み2段編んだことになる。
次の段からは 普通に ゴム編みを好みの段だけ編む。
両端がウラ目の側を オモテ地に決める。

17 両端の目が裏目になっているほうを 表地に決める 
   16の写真が表側です
18 あとは いつも通り 好みの段ゴム編みを編みます
 

ゴム編みの作り目に欠かせないのが
クロバーの編み出し糸です→こちらかどうぞ