手芸/毛糸用品通販ワカバ手芸店/ハマナカ手芸手あみ糸/ダイヤモンド毛糸/リッチモア/クロバー/小学生手芸/ゴム編み/手編み/編み物/クロスステッチ

ワカバ手芸店

ワカバのおすすめ商品

 

 

ワカバ手芸店Facebookはコチラ
Facebook

 

携帯ページ

スマホアプリ始めました。

袖を編む

袖を編む

袖を編む
ゴム編みの目数の計算
ゴムから身頃への増し目の計算編み方などは身頃と同じ。

袖下の増し目の計算
これも植木算です。

【例】
72段で12目増す場合13で割る

72÷13=5・・・7

5段ごとに12回増し、5段編む。7段余る。
すると12段平になり、12段は多すぎるので7を1段ずつ振り分ける。

5段平
6-1-7  →  偶数段と奇数段になり、5-1-5と全部偶数段にするほうが増し目がやりやすい。

つまり5段ごと5回を4段ごと3回と6段ごと2回と考える。

トータル25段は変わりありません。
残りの6段ごと7回と合わせると下記のようになります。    

7段平
4-1-3
6-1-9

増し目の方法
編み始めは1目編み、1目増し目。編み終わりは1目残して、1目増し目をして、残しておいた目を編む。

袖山の減目
袖山の減らし目は、山の製図を実寸でゲージの方眼紙に書くのが初心者の方にはベストですが、計算で出すこともできます。

袖山幅=袖幅の1/6 を残し、その他の目を減目する。

【例】
40目(袖幅の1/2) 30段(袖山丈)のとき袖山幅 40÷6=約6 だから
(40-6)÷(30÷2)=2・・・4
2段ごとに2目ずつ15回減目すると4目残ると考える。
4を 1目ずつ振り分けると

2-2-11
2-3-4 

となる。このまま減目すると直線になるので順序を変えます。
目数の多いものを上と下に分けます
2-3-2
2-2-11
2-3-2
とするとやや曲線になるので、まあまあいいと思います。
袖山幅の6目は次の段で伏せて終了です。

クロバー編み出し糸、
クロバー段数マーカー、
クロバー
三角目数リングなどを
お勧めします。